結婚に対する彼との価値観の違い

今までの日本のごくフツーの結婚てさ、「女は仕事を辞めて母になり、男は稼いで妻子を幸せにする」ってヤツ。
でも、これってすでに過去のモノ。懐かしくはあるけど、今や宝くじに当たった夢をみるくらい非現実的なんだな。
じゃ、実際ど-するか?まずはね、必要がないもの、過剰なものを削ぎ落としていく。で、なるべくシンプルにしてみる。
そうすると、あなたの〃結婚〃に本当に必要なもの、大切なものが見つかるはず。

それとね、自分が今まで当たり前と思ってたことを疑ってみる。
たとえぱさ、結婚すると法律的に夫婦はどちらかの姓に変えなきゃいけないんだけど、夫の姓を選べとは決まってない。どっちでもいいの。

「ずっと、結婚したら彼の姓になって、彼のお嫁さんになるんだって思ってた。
でも、その日が近づくにつれ、あと×日で○○麻子っていなくなっちゃうんだと思ったらすごく悲しくなって……
彼に言ったら、『じゃあどっちの姓にするかクジで決めようよ』ってことに。でもね、今度は彼が不安になっちゃって。
事実婚も考えたけど、結局私が姓を変えることに。でも、一緒に同じ不安と共有できたことで私は吹っ切れたし、彼も〃結婚“に対する意識が変わったみたい」

こんな女性の言葉、ホントそのとおり。今の時代、式を挙げない地味婚ですませる人は多いし、入籍しない事実婚や、法律婚をしても旧姓の通称使用を選ぶ人もいる。
自分たちらしい価値観で、いろんな選択をする人が増えてるんだよね。だって周りがどう思うかでなく、自分たちがどう考えるかが大切なんだもん。

出典元:

Category: 結婚
Comments are disabled